コミュ障のライフスタイル日記

仮面浪人で、fラン大学→国公立大学 ただのコミュ障の暇潰し日記ブログです

僕の友達はサイコパス?サイコパスの見分け方はこれやで!

どーも、コミュ男です。

 

数少ない僕の友達を紹介したいと思います。

その人物は少し特殊で、実は…あれなんです…

 

そう…なんかクレイジーな人の代名詞とも言える…

 

 

 

サイコパス

なんです…笑


f:id:Matiruda:20170628135328j:image

 

サイコパスとはまずなんぞや?

簡単に説明すると…

 

 

 

共感する能力が普通の人より欠如している人のことです。

 

サイコパスにも種類があり、大きく2つに分類できます。

 

サイコパスの特性には、古くより2つの側面から構成される概念であると提唱されています。
一次性サイコパシー
これは、対人操作および感情面の特徴からなるものです。略称でppと呼ばれます。

二次性サイコパシー
これは、行動面による、逸脱した生活様式や行動がみられる人のことですね。
略称で、spと呼ばれます。


やはり、勝ち組サイコパスとしての素質をもっているのは、ppのほうでしょうね。

負け組はspということですが、名前はカッコいいのに、残念ですね。笑

では、
Fラン大学にいるDQNサイコパスなのか?

結論から言いますと…



DQN達は…









サイコパスではありません笑
なぜだと思いますか?

ざっくり言うと
①共感能力無い
まぁこれはDQN達にもあてはまりますが、彼らはサイコパスと違って共感するという高次元なことができないほど頭を使ってないと解釈した方が良さげですね。
サイコパス扁桃体という部分になんらかの障害をかかえており、それによって共感するという脳の機能がそもそもあまり働かないことが事実としてあります。
②人を操り、操作しようとする
DQN達はどちらかというと、操られる側の人間です。
③頻繁に嘘をつき、口述に長けている。
彼らは非常にコミュニケーション力が高く、面接だけを見ればすこぶる高評価をもらったりします。しかし、経歴がめちゃくちゃだったりするためボロがでてしまいがちですが、
DQN達は口も達者ではないため、わからないっすで面接も終わってしまい、なんの役にもたちません。
サイコパスは孤独である。
私は群れているサイコパスの人を見たことがありません。基本は1人です。
しかし、DQN達はたがいに群れあいそのグループでなにかやらかしたりします。
群れなきゃ何もできないのがDQN達です。
Fランにはサイコパスは、ほとんどいません。
むしろ高学歴になっていくほどそのサイコパス率は高まるといっても過言ではありません。

サイコパスにとってDQN達とは、最も操りやすい人種なのかもしれませんw

 

 

さて、

 

サイコパスが理解できたところで、

 

あなたのまわりにどれぐらいのサイコパスが潜んでいるのか?

 

それは…

 

だいたい、学校のクラスに1人か2人の割合で存在します。なので30人に1人ぐらいですかね?

 

なので、

 

この割合的に誰しもが出会ってるはずですが私たちは、サイコパスということに中々気付きません。

 

 

彼氏がサイコパスかも?

友達がサイコパスかも?

同僚がサイコパスかも?

もしくは、あなたの家族の誰かがサイコパスかも?

だんだん怖くなってきましたね泣

まぁ後で見分け方紹介するので大丈夫ですよw

 

 

どうして気づかないのか?

 

 

なぜなら、サイコパスっていってもレベルというか程度、サイコパスの特徴が顕著に表れている存在自体が少ないから、サイコパスであっても気付きにくいんだと僕は思います。

 

また、

サイコパスは最初だけは超魅力的です。

カリスマ性にあふれていますw

じゃあ?

コミュ男の友達はというと、

 

 

 

 

ガチなサイコパスでした笑

 

僕はサイコパスが出てくる小説がけっこう好きで読んだりしますが、

まさか本物のサイコパスに出会えるとは…

彼の正体がわかった時、もうね…

 

ワクワクしたわ笑、でも同時にコイツはヤバいと思ったことも事実です。

 

サイコパスの中には、うまく社会に適応している人もいれば、重度にサイコパスを発揮させて事件を起こしてしまう人も中にはいます。

 

そうですね、一番ヤバイレベルを10とすると、

 

僕の友達は…

 

                7 ですかね笑っ

普通にヤバイレベルだと思いますが、彼を観察していると、サイコパスレベルに波が日によってでてくるのがわかりました。

特に、イライラしていたりすると、8ぐらいでしょうか…

かなりサイコってましたね~笑っ

そんな彼の特徴を紹介していこうと思います。

 

これにあてはまったらあなたの友達はサイコパスですww

 

 

 

 

いきますよ?

 

 

 

  • かなり飽きっぽい性格

まず、バイトなどが長くあまり続きません。

物事を長く続けることができないのもサイコパスの特徴です。

  • 高頻度でウソをつく

彼の話しはほとんどがウソですが、その話してる内容はかなり面白いです。ウソもウソかもしれないけど現実味があって物語性もあり、かなりこっています。

ウソをつく人は世の中にかなりいますが、サイコパスのウソは聞いていると魅力的に聞こえ質が濃厚です。そんなウソを簡単に考えつくこと自体すごいです。

  • 演技がすごい

彼はとにかく、演技がすごい。誰もがそれはウソだと疑っていても貫き通します。

  • 攻撃性が高い

彼には限度がなく、怒りにまかせて暴力や暴言を吐き散らします。

  • 群れない

彼は基本単独行動です。一人でいる時に、何をしてるか想像できません。

  • 怯えない

彼が怖がってるところを見たことがありません。こえーって口で言っていても顔は笑っています。

  • 我慢しない

彼には我慢という概念はありません。イラついたら仕返しをする。だるくなったら辞める。

本能で行動してるといっても過言ではない。

  • 友達がいない

これは、さっきの基本、一人で行動することに直結していますが、基本友達らしい友達はいません。都合が悪くなると彼自身が切り離すか、離れていくことがほとんどだからです。

 

そして、これらのリストに当てはまり、なおかつ最後にこれに当てはまればサイコパスです。

 

それは…

 

 

  • 前科がある

彼には前科がありました。非行な行動が過去にある人で、これらのリストにあてはまる人は完璧にサイコパスです。なので、これが無い人はサイコパスではありません。いうならば、サイコパスになる前のサナギの状態だと思います。

そして、前科がついた時に、サナギから本物のサイコパスになります。

 

だって彼らにとって一度破ってしまったらもう何回破っても同じことなので、最後の法というものを破ること自体がサイコパスになる条件なのかもしれません。