コミュ障のライフスタイル日記

仮面浪人で、fラン大学→国公立大学 ただのコミュ障の暇潰し日記ブログです

錦織圭の他人と比べる人生は嫌なのでというセリフが素晴らしい。

f:id:Matiruda:20190513180132j:image

 

ある記者が、錦織圭に対し

流動的に変化する若手に対してどう思うか?

と訊ねると、

 

他人と比べる人生は嫌なので…

 

そんなセリフを錦織圭は言った。

 

錦織も29歳であり、テニス界も若手が活躍しだす時期になっている。

 

依然として、フェデラーナダルは健在だが、それでも世代交代は始まっている。

そんなプレッシャーの中、そういう世代交代の重圧を気にしていないといったらウソになるだろう。

 

競争の世界にいながら、競争を嫌う

そんな錦織圭だからこそ強いのかもしれない。

 

錦織の他人と比べる人生は嫌。

 

錦織は十分トップの選手だ。

 

世界ランキングは4位になったこともある。

 

年収も億単位。

 

もう一度言うけど、このスペックの人間が

 

他人と比べる人生は嫌なので…

 

こんな謙虚なセリフ言えるなんてすごすぎる。

 

どっかのzozoとか言う社長に突きつけてあげたい言葉ですね笑

 

人が不幸になる原因のナンバーワンが、

人と比較するから

だと思う。

 

どんなに優れた功績をだしても、どんなに稼いでも、人と比較するセリフを吐いた時点で終わりだと思う。

 

僕自身も謙虚でいようと思ってはいるが、嫌なことがあると、ハロウィンとかで馬鹿騒ぎしている連中と比較して、人間としてマシやなとか思ってしまう。

 

人からみて、地に堕ちた人間に見えるような人でも、人と比較せずに前だけを見ていたら、その人はずっとずっとその人より、高いところにいると思う。

 

人と比較しない。

 

とても難しいことだ。

 

なぜなら

 

人のまわりには人がいるから。

そして、

 

比較にまみれた社会に生きているから。

 

じゃあ縄文時代はどうか?

 

そこでさえ、どんな女性をめとったかとかで比較していると思う。そしてその比較が階級制度を作るわけだが、

 

人と比較することに、メリットなんかない。

 

 

比較ばっかりしている人間達ですが、

 

 

疲れないんですかね?笑